巨大化する台風、温暖化の影響はっきりと

PR|http://www.technofer.co.jp|

日本でも一般的に環境経営と言う言葉が使われるようになりました。

事実、製造業が環境に配慮したものづくり行ったり工場からの二酸化炭素排出量を減らすと言う取り組みだけではなく、企業の年間レポートとして環境への取り組みを取り上げることも一般的になっています。それは自社の物づくりやオフィスでの環境の取り組みだけではなく、地域共生とのバランスを考えた清掃作業や河野掃除なども含まれています。

また、ものづくりだけではなく二酸化炭素の排出量をどれだけ減らすことができたか見える化して社会に自社の環境への取り組みを訴える企業も増えつつあります。

まだまだ、企業としては取り組みが甘いところもあり日本全体としての二酸化炭素の排出量はまだまだ減らすことができると思います。これからの少子高齢化で働き手が少なくなっていく社会ではこうした環境経営にもさらなる力を入れて社会にPRしていくことが人材確保にもつながると考えられます。

地球温暖化が進み、さまざまな気象異変が世界で現れるようになってきました。
日本でもゲリラ豪雨の多発が問題視されています。

今後、心配されているのが巨大台風の接近、上陸です。
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、温暖化に対する評価書で台風の巨大化を指摘しています。

巨大台風として有名なのは、2005年に米国南部を襲ったハリケーンの「カトリーナ」。
最低気圧902ヘクトパスカル、最大風速78メートルという猛烈な勢いで、ニューオーリンズの街の8割が水没、米国内だけで1800人以上の死者を出しました。

日本に上陸した最大級の台風としては、1934年の室戸台風や1945年の枕崎台風、1959年の伊勢湾台風がありますが、室戸、枕崎はともに最低気圧は910ヘクトパスカル程度、伊勢湾台風は895へストパスカル。
いずれも数千人規模の死者を出しました。

台風は海水温が26度未満だと衰えるのですが、最近は台風シーズンに日本近海の水温が26度以上になることが増えています。
その結果、いつまで経っても衰えずに勢力を強め続けるのです。

温暖化が進めばこれらをしのぐ台風が日本にやってくるかもしれません。

PR|貯蓄|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|オーディオ|GetMoney|サプリメント|英語上達の秘訣|心の童話|家計見直しクラブ|童話|お小遣いNET|健康マニアによる無病ライフ|アフィリエイト相互リンク|女性向けエステ.com|お家の見直ししま専科|初値予想|