少しの努力で私たちにできる無駄をなくす方法

私はいらなくなった紙の裏紙をメモ用紙や計算養子として使用しています。そうすれば、紙の使用量や破棄量を減らすことができます。
ごみを減らすために、わたしはまず、ごみの容積を減らすようにしています。

 

例えば、缶やペットボトルの空間部分を減らせれば、かなりの削減となるでしょう。
また、必要ないものは買わないということがとても重要です。余計な買い物をしなければ、ゴミを根本から減らすことができます。
ごみは最初から出さないのが一番大切なことだと思います。

 

あと、電気の使用量を減らすために、エアコンスイッチをあまりつけないようにしています。そうすれば夏や冬のエアコンの莫大な電気の消費を抑えることができます。

 

また、私はトイレや洗面所などのあまり人がいないところの照明は使ったら消すようにしています。そのことによって、チリも積もれば山となるというように、少しずつ電気消費量を減らせます。

 

このように、少しの努力で無駄をなくせます。

PR|株式会社テクノファのISOセミナー