サービス業にける品質管理手法という考え方

品質管理手法と聞くとなんとなく工場などの製造業に従事している人が遵守しているものだと思われています。しかし最近はサービス業でも品質管理手法は広がりを見せています。品質管理手法とは難しい言葉のように聞こえますが、一体どういうことなのか説明して行きたいと思います。サービス業における品質管理手法は製造業の品質管理手法とは異なり、人によるサービスが基準や規格を満たしているかということです。製造業ですとこの規格にあったものを作りましょうということになります。しかしサービス業に置き換えてみると人の作業の過程や方法を管理するということになります。皆が同じ基準を確認して同じようにサービスを提供できるようにするということが重要なのです。そういう風にサービス業において品質管理手法を用いることは顧客からのクレームを少なくしたり高い評価を受けるために必要なことだと思います。業務マニュアルに沿ってサービスを提供することを企業は常日頃から従業員に伝えるということが品質管理に繋がるのです。

PR|ISO9001のコンサルティングで評判の会社|