シュレッダーにかける前に!職場の裏紙活用術

ISO14001対応セミナーを受けてから、私が勤めている職場では、紙の再利用が意識されています。

事務処理でコピーや印刷をする際に、どうしてもミスは生まれます。かと言ってミスした用紙をそのまま使う訳にもいかず、処分する場合もあります。しかし、ミスした用紙の裏面は白紙であることを考えると、再利用の余地は十分にあると思っています。

私の職場ではこのように印刷ミス等で使えなくなった用紙を専用の箱に入れるようにしています。事務作業においては何かと紙が必要な場面は多いです。PCが中心になったとは言え、場面によってはノートをとったりメモ帳を活用したりすることもあります。そんな時はわざわざ自分で用意しなくても、貯めておいた裏紙を使って賄うということもできます。一時的な記録やメモをこちらに書くようにすれば、自分のノートやメモ帳の消費も抑えれます。

また、同じ部署間であれば徹底して形式に拘る必要もないので、研修資料なんかも裏紙を用いたりする場合があります。

小さなことでも積み重ねれば資源の節約や経費の削減に繋がるので、今後も続けていきたいと思ってます。