紙、ゴミなどは分類、電気は節約

エネルギーマネジメントシステムを設定している私の職場では、まず、ゴミに関しては分類をかなり細かくしています。細かく分類することで、それらをリサイクルに回して、環境にも優しく、経済的にもお得になるように人手をかけています。
紙は、上質紙という分け方で、白黒のA4の用紙サイズでまず分け、カラーの紙や、紙箱などは別のミックスペーパーということで分けています。その他、シュレッダーにかける機密紙は白黒とカラーに分け、ダンボールはダンボールのみで、また、シールのようなものや、汚れている紙に関しては、その他のゴミとして分けています。
さらに、ビニール袋も透明できれいなものだけ分け、色が付いているものは、柔らかいものと硬いものに分けます。それらも別々にリサイクルに出されます。

 

このように細かく分けることでリサイクルを行っています。
電気に関しては、離席する時は消灯、ディスプレイオフ、昼休みは全ての電気が消されます。エレベーターは2アップ3ダウンということで、2階上がる時、3階下がる時は階段を使いましょうという運動をしています。
このように電気も節約しています。