環境問題へどのぐらい取り組まれているのか

今、企業においては、さまざまな環境問題へと取り組みがなされているといえるでしょう。
こういった、環境問題に取り組むにあたり、大体今約8割程度の企業が、具体的な計画そして目標は立てていないけれど、できる限りの努力をしているという姿勢で取り組んでいるといわれています。

 

このように、環境問題に会社によって、取り組みがなされているけれど、具体的な目標、そして計画などを策定していないというところが意外と多いというのが現状であるといえるでしょう。
しかし、規模の大きな大企業ほど、環境マネジメントシステムなどの認証を取得しており、計画を策定しているという割合が増えています。

 

従業員規模別にこれらの割合が増えているということから、中小企業では、これらの環境マネジメントシステムを取り入れたり、また、ISO14001のISOセミナーに向けて具体的な計画を立てるという余裕がまだまだないと言うことが分かります。これから中小企業において、こういった環境マネジメントをどう導入するかが課題であるといえるでしょう。