会社における環境問題取り組みについて

会社におけるISO14001の移行というのは最近はかなり普通になってきました。
ですが、まだまだそういう企業は少ないというのが現状です。

なぜなら、大多数の企業は環境問題に気をまわしている余裕が全くないからです。
ですが、全体の企業の数からすればまだまだ環境問題に取り組んでいる企業は少ないです。

ですが、環境問題に真剣に取り組んでる企業ほど社会的規範を守っている企業である事が多いです。つまり、世間で言われるブラック企業とは真逆のホワイトな企業である可能性が高いです。

なぜなら、社会的に貢献した方が良いと思っている企業は目先の利益だけでなくそこで働く社員も同じように大事にしてくれるからです。

ですから会社で環境問題に積極的に取り組んでいる所ほど良い会社である可能性が高いのでこれからどこかの会社に就職しようと思っている人はまずはそこが積極的に環境問題に取り組んでるかどうかを見て判断しても良いです。

それでそこが良い会社かどうかある程度分かります。